スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


風前の灯(ふうぜんのともしび)

風を受けていまにも消えかかっている灯のたとえから、
今にも命を落としかねない人の運命を言い、
また、危険が迫りつつある事の形容語でもある。




気は心(きはこころ)

人に物を贈る場合に添える一端の真心を言う。


★類語★
気は心目はまなこ



★出典★
式亭三馬(しきていさんば)の滑稽本浮世床(こっけいほんうきよどこ)





同じ釜の飯を食う(おなじかまのめしをくう)

親しい間柄を言う。
共同生活をして苦楽を共にするという意味。



男を上げる(おとこをあげる)

立派な行為をして、男としての面目を高めること。



お手上げ(おてあげ)

両手を上げて降参する意から、解決する手段が全くないこと。
どうにもしようがないこと。



search this site.
categories
links
sponsored links
SPONSORED LINKS II
others
mobile
qrcode
-->
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM