スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


薄、芒(すすき)

秋の野に風が渡り、薄の花穂が揺れるのを見ると、
いよいよ深まりゆく秋のしみじみとした風情を感じますね。

枕草子にも
 「秋の野のおしなべたるをかしさは薄こそあれ。
  穂先の蘇芳にいとこきが、朝露にぬれてうちなびきたるは、
  さばかりの物やはある」
という美しい文章があります。

薄は、萱(かや)、尾花などとも呼ばれ、
山上憶良が万葉集に、
 「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」
と詠んだように、秋の七草のひとつでもありますね。


薄はイネ科ススキ属の多年草であり、各地の山野に群生しています。
秋の月見にお供えとして使われるのには、
収穫物を悪霊から護り、翌年の豊作を祈願する意味があるそうです。

また沖縄にはススキの葉を輪に結んで魔除とする風習があるのだとか。

薄は神秘的な力を持つと信じられてきたのですね。


また、茅葺き屋根とは、薄や茅(ちがや)を乾燥させたもので
屋根をふいたものです。

かつての日本家屋には欠かせないものであり、
薄や茅を刈るところは「茅場」と呼ばれ大切にされたそうです。

今では茅葺屋根を目にすることも少なくなりましたが、
自然や季節に密着した日本人の生活様式の奥ゆかしさを、
大切にしていきたいですね。





スポンサーサイト

  • -