スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


本質と附属

人間には、これあるによって
初めて人間であるという本質的要素と、
必ずしもそうでない附属的要素との二つがある。

古神道でいう、心が明るい、清い、汚れがない、
人を愛する、人を助ける、人に報いる、
精進する、忍耐する等々の徳性こそがその本質だ。

これあるによって
初めて人間となり得るのである。

これに対して、智能や技能というものはあるにこしたことはない。
確かに大事なものだけれども、
それは特別の例外を除けば
程度の差というべき附属的要素である。

それよりも更に大切なのは、
良い習慣、習性を持つことである。


               安岡正篤





スポンサーサイト

  • -