スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


真剣と浮気

又つねの御すすめに云う。
往生極楽をまめやかに思い入りたる人のけしきは、
世間を一くねりうらみたる色にてつねにはあるなり云々。


法然上人の言葉である。

真剣と浮気とは正反対である。
適切な例を引けば恋愛を考えるがよい。
真剣に恋する女は
わが恋人以外の世間の男一般は皆一向につまらない。
一くねり世間の男を白眼視するようでなければ
誠の恋ではないのである。

上人のこの語、人の心をぴたりと掴むものがある。
軽薄者の到底及ばぬところと思う。

小児の母を頼むは、
またく故を知らずただたのもしき心ある也。
名号を信敬せんことかくの如し。


涙ぐまれる言葉ではないか。


            安岡正篤





スポンサーサイト

  • -