スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


【湊川隧道(みなとがわずいどう)】

六甲山に源を発し、兵庫区、長田区を通って海に注ぐ新湊川。明治時代の大改修によって誕生した湊川隧道は、地域防災のシンボルであると同時に、地域の貴重な土木遺産として保存されています。




かつて湊川は、天王谷川と石井川が合流するあたりから湊川公園、新開地を通り、現在のハーバーランドの方へ流れていました。
普段の水量は多くありませんが、ひとたび大雨が降ると水量が急増して大洪水が発生しやすく、周辺地域は度重なる水害に苦しんできました。また、上流から運ばれた大量の土砂によって典型的な天井川となり、高さ6メートルもの堤防が東西交通を分断し、市の発展の妨げになっていました。

そこで、明治29年の大洪水を契機に大改修がスタート。兵庫区荒田町の辺りから西に流れを変え、苅藻川と合流するルートとなりました。この際、会下山にトンネルが掘られ、湊川隧道が誕生しました。

明治30年ごろは、まだ大型の土木建設機械がなかった為、トンネル工事はすべてツルハシやノミによる人力で行なわれました。2年半の歳月を費やし、難工事の末に完成したトンネルは、総延長680メートル。周囲はレンガ、川床は石畳張りで、当時の土木建築技術の粋が集められています。

しかし、平成7年の阪神・淡路大震災で河川護岸は甚大な被害が発生しました。災害復旧工事では、より大きな新湊川トンエルを付け替え、湊川隧道は地域防災と歴史の遺産として保存。学校や地域の防災学習、地域イベントなどの際に一般公開され、明治の土木事業の足跡を現在に伝えています。



スポンサーサイト

  • -